2012年10月7日日曜日

Windows 7 NAS用設定メモ



Win 7 にNASをやらせているときにやっておくと便利な設定をメモしておく。



・コントロールパネル(表示方法:小さいアイコン) > インデックスのオプション
・変更(M) > 共有しているディレクトリを追加。

これで接続しているPCからも高速に検索ができる。
(おそらくWindows 7以降なら、だが。XPはWindowsサーチ入れればいけるか?)
エクスプローラーの検索フィードにキーワードを入れればいい。
LAN内ならほとんど遅延を意識せずに使える。




専用のNASじゃなく鯖機で構築するメリットとしては大きいかな。
反面、消費電力と騒音がデメリットになるので扱うファイル量が少ないならお勧めはしない。
自分の場合はとりあえず全部放り込むので検索ができないのは論外。


さて、次はOS Xから検索する場合。
残念ながら上記の方法で作ったインデックスはWindows同士でしか使えないので
Spotlightインデックススを接続する側で「個別」に作ることになる。
(インデックスファイルはローカルに保存されてるっぽいので接続側は個々でやる必要ががが…)

参考にしたサイトは以下。

・SpotlightでNASを検索
 http://sherlock-pc.blogspot.jp/2009/09/spotlightnas.html

ユーティリティからターミナルを起動
$ mdutil -i on /Volumes/XXXXX
で、Spotlightがenabledになります。
これで、再度クロールされるまで待ってもいいのですが、面倒なので
$ mdimport /Volumes/XXXXX
でインデックスを強制的に作成します。

10.5.8のころの情報だけど10.8.2でも使えてるっぽい。
(というかいい加減正式対応しておくれ >Apple)

ただ、インデックスの作成にはそれなりの時間はかかる。
MacBook Airで実施したけど無線だと遅いので
USBアダプタの有線LANでつないで一晩放置コース。

検索自体はレスポンスが若干悪い。
検索をかけてから30秒~1分後に一覧が突然出る感じ。
全件検索よりは圧倒的に早いけどなんだかなぁ…といった感じ。



なにか良い方法はないかなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿